24歳、私は東京のデザイン専門学校を中退し、東京に残り、似顔絵なんかを描きながら下北沢でふらふらと、なんとなく過ごしていた頃、熊本の祖母から呼び戻されました。なんでも、母がイギリスで展覧会を開くので、手伝えとの事でした。表面では抵抗しながらも、無目的になっていた私は、面白そうなので内心楽しみに下北沢の風呂なしアパートを引き払い、熊本へ帰りました。話は飛びますが、、。いざイギリス the air gallery へ。手伝うと言っても、ほとんどする事なくテイトギャラリーへ目当てなく行った時の事でした。ズド〜〜〜ン!!と初めて見る絵画の前で40分ほどだったと思いますが、動けなくなった事がありました。

ベーコン

 

この絵です。他にルーベンスや、レンブラントなんかもあった記憶があります。私は何度も何度もこの絵の前に戻り、気になって仕方がありませんでした。

 

フランシス・ベーコン

 

ベーコンは、同性愛者だったようです。風貌が、なんか、納得してしまいます、、。

fc7f1b98-s

 

絵筆をキャンバスへ投げつけ、それが人物となるのが理想なのだと画集で読んだことがあります。

Triptych1991

 

いいですね。何がいいだろう。

感覚的な事で申しわけありませんが、たまらんです。テイトギャラリーで、ルーベンスと意識して比べてみましたが、ベーコンのパワーが数段上でした。レンブラントと同等だと感じました。

まだベーコンと出会ってない方。ぜひ調べてみてください!

 


大森デザインスタジオ/グラフィックデザイン(ロゴマーク、ポスター、パッケージ、チラシ、広告、サイン計画など)webデザイン、SEO対策、プロダクトデザイン、建築・店舗デザイン、ランドスケープデザインなど(ムカウプロジェクトチームとして、ホテル・旅館の再生・プロデュース、企業ブランディングなど。)